So-net無料ブログ作成
検索選択

最近購入した書籍 [Books]

年度末になると会社の福利厚生のポイント消化のため、書籍を購入します。
今年購入したものは、以下の通り。

なんか、タスク管理系の本が多く、今、自分の仕事が回っていない事がわかります。
なんとか、やるべき事、ならない事を決め、仕事の効率化を図りたいと焦っているこの頃です。
そう言えば、去年は、プロジェクト推進のための問題解決系の本が多かったような。。

「大杉正明のWhat's New Today?」は、車の中で聞いていますが、外国人との文化の違い等のエピソードが面白いです。


マニャーナの法則 明日できることを今日やるな

マニャーナの法則 明日できることを今日やるな

  • 作者: マーク・フォースター
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2007/04/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

  • 作者: デビッド・アレン
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 2008/12/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



仕事脳を強化する記憶HACKS(ハック) ~ITツールを駆使して”第2の脳”を使いこなせ! (デジタル仕事術シリーズ)

仕事脳を強化する記憶HACKS(ハック) ~ITツールを駆使して”第2の脳”を使いこなせ! (デジタル仕事術シリーズ)

  • 作者: 佐々木 正悟
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2009/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



成果を5倍にする ライブハックス! (ゴマ文庫)

成果を5倍にする ライブハックス! (ゴマ文庫)

  • 作者: 大橋悦夫
  • 出版社/メーカー: ゴマブックス
  • 発売日: 2009/03/02
  • メディア: 文庫



大杉正明のWhat's New Today? (CD book)

大杉正明のWhat's New Today? (CD book)

  • 作者: 大杉 正明
  • 出版社/メーカー: DHC
  • 発売日: 2004/04/06
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本の覚え書き [Books]

購入候補の本の覚え書き。

デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ

デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ


パターン指向リファクタリング入門~ソフトウエア設計を改善する27の作法

パターン指向リファクタリング入門~ソフトウエア設計を改善する27の作法

  • 作者: ジョシュア・ケリーエブスキー
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2005/08/04
  • メディア: 単行本


デッドライン―ソフト開発を成功に導く101の法則

デッドライン―ソフト開発を成功に導く101の法則

  • 作者: トム デマルコ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 1999/03
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ROBOT LIFE [Books]

「ROBOTO LOFE」という雑誌を買ってみました。

主な内容は、現在発売されているROBOTが写真付きで紹介されています。
ここに掲載されているROBOTを見るだけで楽しくなってきますが、開発メーカー
見るとさまざまなメーカーがROBOT開発を行い市販しているのがわかります。
今回、紹介されているロボットクリエータの高橋智隆さんの「マノイ」をはじめとする
ROBOTは、デザインも洗練されており、一台欲しいですね。

2足歩行ROBOTは、RoboConやTV等で認知度や人気が上がっているようで、
ここ数年の進化には目を見張るものがあります。
ROBOTを構成するサーボは、ラジコンでもおなじみのフタバやサンワ、近藤科学
が開発を行っており、小型でハイスピード、ハイトルクのサーボ開発は、RCにも
フィードバックされると思います。

自分にとって、ロボットとは、「マジンガーZ」にはじまり「ガンダム」に至って子供の頃
から結構好きでした。中でもプラレス三四郎というロボットが格闘技を行う漫画を見た
時には、自分も「柔王丸」を作ってみたいというのが夢にありました。
ですので、初めてRoboConを見た時には、こんな時代が来たのかと感動した憶え
があります。

今の時代、レゴのマインドストーム等遊びながらロボット制御を勉強できるアイテムもあり、
今の子供や学生はうらやましい限りです。
京商さん。「柔王丸」作ってくれませんか!?

最後に、うちのROBOT AIBOの「ZERO」を紹介します。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。