So-net無料ブログ作成
検索選択

模型の大量購入 [模型]

ちょっと前の話になりますが、オークション模型を11個も購入しちゃいました。
落札価格1円から800円の間で、模型11個+送料で4000円くらいでした。

家にあるストック模型を数えると20個はあると思います。
これで、ここ何年間は、模型を購入することはなくなりました。

安く購入できたのは、いいのですが、新しい模型を買う楽しみがなくなったので
いいのか、悪いのか、よくわかりません。

とは言え、どんどん作っていくことにします。

PICT0077.JPG

やりなおし模型製作 「YAMAHA YZR-M1 '09 完成」 [模型]

完成です。
今回も数々の失敗を重ねましたが、何とか完成しました。
苦労して塗装したマフラーエンジンもカウル装着であまり見えません。。
ですが、バイク模型、結構面白かったです。
家には、あと2台バイクのストックがあるので、これらもやっつけたいですね。(いつになるやら。。)

018.JPG
021.JPG
022.JPG
019.JPG
023.JPG
024.JPG
026.JPG
025.JPG
タグ:YZR-M1

やりなおし模型製作 「YAMAHA YZR-M1 '09 その4」 [模型]

次は、マフラーの塗装です。
今回は、マフラーの焼付け塗装に初挑戦します。

実車は、チタンマフラーの為、チタン焼けという青みがかった色に焼けており、
接合付近でシマシマになっています。

これを再現するのに、WEBでいろんな方の塗装方法など参照しました。
青色を誇張させて塗装し、見栄えをよくするような塗装などありましたが、
実車になるべく合わせたいと思い、雑誌写真模型付属の写真を参考に塗装しました。

塗装に対して特に参考になったのは、「TopStudio」という模型メーカーの「Tips」カテゴリーにある「Exhaust Pipe Painting」でした。

これらを参考に初挑戦しましたが、初めての挑戦の割には、自己満足いくものができました。

参考にした雑誌はこれ。
PICT0075.JPG
PICT0076.JPG

塗装にチャレンジ。結構苦労しました。。

033.JPG
079.JPG
066.JPG
067.JPG
068.JPG
070.JPG
074.JPG
075.JPG
075.JPG
076.JPG
080.JPG
081.JPG

塗装終了!結構いい感じ!

073.JPG
072.JPG
071.JPG
タグ:YZR-M1

やりかけ模型製作 「スカイライン GT-R R34 V-Spec 完成」 [模型]

完成した GT-R R34

失敗したところがたくさんありますが、長年放置されていたものが完成できたことは
うれしい限りです。

CA391360.JPG
CA391361.JPG
CA391362.JPG
CA391363.JPG
CA391364.JPG
CA391365.JPG
CA391366.JPG
CA391376.JPG
CA391377.JPG
CA391378.JPG
CA391379.JPG
CA391380.JPG
CA391381.JPG
CA391382.JPG

やりかけ模型製作 「スカイライン GT-R R34 V-Spec その2」 [模型]

前回の更新が2/14。
実に半年も更新していませんでした。

このところ忙しすぎて、ブログを書ける気持ちの余裕がなかったのですが、
今日は、思い切って前回の続きを記載します。

もうすでにGT-Rは、完成しており、現在4台目を作成中の状態です。
ですので、記録のために写真のみ掲載します。

まずは、仮組みから

CA391343.JPG
CA391281.JPG
CA391286.JPG
CA391287.JPG
CA391352.JPG
CA391351.JPG
CA391350.JPG
CA391349.JPG
CA391348.JPG
CA391333.JPG
CA391332.JPG
CA391336.JPGCA391335.JPG
CA391334.JPG
PAP_1355.JPG
PAP_1356.JPG
CA391360.JPG
完成!

やりかけ模型製作 「スカイライン GT-R R34 V-Spec その1」 [模型]

R390が完成したところで、次の模型製作にとりかかります。
製作するキットは、すでに購入しているのですが、押入れに気なるものが。。

CA391277.JPG

10年ほど前に購入したスカイラインR34 V-Specです。
ダイクマというディスカウントストアで購入したものです。
購入価格は、1500円程。

ボディとシャーシの一部、タイヤのホイールを塗装して箱にしまったまま、
放置されていたものです。
この模型の箱を見るたびに、自分の中途半端さを嘆いていたわけですが、
今回、この10年来のやりかけ状態に終止符を打ちたいと思います。

CA391278.JPG

ボディーは、タミヤのスプレーで塗装してあります。
いつ塗装したのかも憶えていないのですが、比較的きれいに塗装されています。

CA391279.JPG

インストとデカールは、黄ばんでいます。。。

CA391339.JPG
CA391280.JPG

しかし、いくつかパーツが見当たりません。
押入れの中を探しまくった結果、奇跡的に出てきました。

CA391283.JPG

よし、これを完成させるぞ!

タグ:R34 V-spec

やりなおし模型製作 「NISSAN R390 完成」 [模型]


遂に完成しました。
戦艦 榛名から発起して、はじめた模型製作ですが、1台目が完成しました。

はじめてのエアブラシ塗装、はじめての研ぎ出し。
数々の失敗がありましたが、はじめてちゃんと完成させたので、出来栄えはどうであれ、満足です。

完成写真です。

CA391313.JPG
CA391311.JPG
CA391314.JPG
CA391315.JPG
CA391316.JPG
CA391317.JPG
CA391318.JPG
CA391319.JPG
CA391320.JPG
CA391321.JPG
CA391322.JPG
CA391323.JPG
CA391324.JPG
CA391325.JPG
タグ:R390

やりなおし模型製作 「NISSAN R390 その11」 [模型]

⑩クリアパーツ取り付け

最後の部品の取り付けです。
残った部品は、ウィンドウとヘッドライト、テールランプです。

まず、ヘッドライトを取り付けます。
いい感じに取り付けられました。

そして、ウィンドウの取り付け。
ここで、大きなミスが!

接着剤がリアウィンドウにくっついて、ボディにも侵食してしましました。

「うわぁ~!」と思わず叫ぶ。

CA391308.JPG

これまで、磨き上げてきたボディに接着剤がついて、べたべた状態。。。
意気消沈です。。

しかたないので、ヤスリとコンパウンドで削りましたが、完全修復できませんでした。
次への教訓として諦めます。(泣)

ウィンドウの接着には、Gクリアーが言いと聞いていたので、Gクリアーで接着しようと思ったのですが、時間がなく購入に至らず。

つい先を急いで、タミヤセメントでくっつけようとしてこの有様です。

<教訓>
先を急ぐな。
クリアパーツは、ちゃんと環境と気持ちを整えてから取り付けること。
タイヤセメントではなく、Gクリアーやエポキシ系の接着剤を使うこと。

そして、Gクリアー購入してきました。

CA391328.JPG

このGクリアーですが、かなり粘度がある為、エナメル溶剤で薄めて粘りを抑えてから、使用する方法がWEBに載っていたので、これでやってみることにします。

確かに、Gクリヤーは、粘度がある為、このままでは、塗りにくいですね。
エナメル溶剤とGクリヤーを混ぜてみました。

CA391330.JPG

完全に混ざる訳ではないですが、粘度が下がり、塗りやすくなりました。
爪楊枝で、ボンドをクリアーパーツに接着を行います。

強度は、余りないと思いますが、ちゃんと接着できました。
やはり、最初からこれを使えばよかったです。チクショ~!

そして、最後に、アンテナを付けます。
アンテナは100円ショップで見つけた、手芸用の金具を、瞬間接着剤で取り付けました。
なかなかいい感じです。

CA391326.JPG

そして、遂に完成!!
はじめて、最後までちゃんと模型を作りました。
完成した模型は、ケースに入れて保存です。

かなり失敗をしましたが、良い経験になりました。
自分の不甲斐なさを思い知らされましたが、結構面白かったです。

かなり投資もしたので、元をとるように、継続して作らないといかんね。

CA391331.JPG

タグ:R390

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。