So-net無料ブログ作成
検索選択

マクラーレンMP4/8 [日記]

GW中、部屋の整理を行っていたら、作りかけのマクラーレンMP4/8のプラモデルが出てきました。
これは、1994年サンマリノで散ったアイルトン・セナを追悼する意を込めて製作にかかったもので、
今から13年前のものになります。
製作途中に挫折し13年間放置されていました。
(アイルトンセナ+マクラーレンといえば、モナコでのセナ対マンセルが印象に残ります。)

作成当初は、それなりの雰囲気を出して作ろうと意気込んで製作を行いました。
エンジン周りは、パイピングを行い(実車とは異なりますが)、模型製作本を見ながら
 ・サーフェイサーによる下地塗り
 ・ヤスリがけ
 ・塗装
 ・デカール貼り
 ・クリア
 ・磨き出し
等、これまでやったことの無い丹念さでやっていました。

しかし、フロントアッパーカウルを蛍光レッドで塗装中、汚れが発生した為、再度
重ね塗りを行った結果、他のところを色が変わってしまいました。
これで息消沈。。
もう塗り替えを行う気力もなく放置状態となっていました。

これ以降も別のモデルの作成に取り掛かったりしましたが、全てが中途半端で放置状態。
完成の目を見ていません。
このMP4/8を見たとき、これでいかん!と思い、とりあえず完成させようと思いました。

セミグロスブラックのスプレーで吹きたいところをブラックのペンでとりあえず塗る等、
完成させる事を目標とし一切のこだわりはなし。
なんとか完成させたいと思います。

しかし、いつも塗装で失敗し挫折してしましますので、作るたびにコンプレッサーが欲しいと
思いますが、使用方法など敷居が高くなかなか手が出せません。
豚の穴に参加されているメンバーで模型が得意な方がいれば、一度伝授下さい。


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 9

naka

しっかり完成させてやって下さい。僕はこのマシンで印象に残っているGPは雨のドニントンです。セナの1周目の走りには鳥肌が立ちましたよ!!想像もできないラインを走って、ライバルを追い越しトップになって帰ってきたことが!!ほんとすごいドライバーでした。。。
by naka (2007-05-07 22:08) 

ZEAL

nakaさん
なんとか完成させたいと思います。(出来は別として。。)
雨の悪条件を味方にするセナのドライビングセンス。すごいですね。
非力なエンジンでも勝負を捨てないスピリットがすごいです。
自分も見習わなければ。。
自分は、マルボロカラーのマクラーレンが好きです。
by ZEAL (2007-05-07 22:31) 

吉光

雨のドニントン・・・・
当時プロスト贔屓のボクはどんなに悔しかった事か!
タイヤ交換にタイヤ交換にタイヤ交換・・・そしてエンジンストール・・・!

あの一周でレース全体を支配したセナは間違いなくナンバーワンドライバーでしたよね!
by 吉光 (2007-05-08 22:11) 

ZEAL

吉光さん
最近のF1は、セナやプロストのような役者が不在ですが、今後の出現に期待ですね。
by ZEAL (2007-05-08 22:28) 

naka

あのドニントンGPのタイヤ交換の回数ったら。。。みてる方は頭の中がグルグルでした。
今年は今のところ優勝者がそれぞれ違うので、今後”三つ巴”それ以上”とチャンピオン争いが白熱してくれることに期待したいです。
by naka (2007-05-08 22:52) 

霧島

おや? こんなところでマニアックな話題が・・・。
自分もプロスト派でしたが(汗)セナは本当にすごいドライバーでしたね!
雨の中のあの1周目はすさまじかった!

プラモかっこいいですね~! 自分はほとんど作ったことないですけど、すごい細かくて本格的なんですねぇ~。
さてと・・・RCのほうもやらないとね!
by 霧島 (2007-05-09 18:53) 

WISH

F1のことはわかりませんが、車のプラモも一回作ってみたいですね。
by WISH (2007-05-09 22:25) 

ZEAL

みなさん、やっぱり車好きなんですね。
それもかなりマニアックですね。
WISHさん、タミヤのキットは非常によく出来ていますので、
一度トライしてみては如何ですか。
自分は、完成までに13年以上かかっていますが。。
by ZEAL (2007-05-09 22:46) 

マイケル村田

エストリアルサーキットで1994年のシーズンに向けてランボルギーニV12エンジンをテストしたマクラーレンMP4/8B(ドライバーはアイルトン・セナとミカ・ハッキネン)。 このマクラーレンMP4/8Bは色は真っ白で、グッドイヤーのマークしか描かれていないMP4/8のバリエーションである。セナはフォードより出力の高いランボルギーニV12エンジンを高く評価していた。シルバーストーンでテストした際にはハッキネンは「素晴らしかった。馬力がどんどん出るんだ。素晴らしかったよ。本当に飛んでいるようだった。でもハンガー・ストレートからストウに向かうとき、爆破したんだ…いや本当に爆発したんだよ! すごかった。たぶん僕が経験した中で最大のエンジンブローだったと思う。まさにショッキングだったね。エンジンの破片やピストンが僕を追い越して右や左やあらゆるところに飛んでいった。ヘルメットの上を飛んでいくのが見えたよ。大爆発だった。フロアには穴が開いた。F1キャリアの中で最も特別な瞬間のひとつだね。そしてあの信じられないような音といったら…」と述べているが、最終的に1994年のMP4/9のエンジンはプジョーとなり、プジョーに不信感を抱いたセナはウィリアムズに移籍してしまう…。もしマクラーレンがプジョーではなく、ランボルギーニだったら…セナは死なずにすんでいたかもしれません…。


by マイケル村田 (2014-03-14 20:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。